Archive

Glycan and Database

糖鎖関連遺伝子のデータベースの現状(GGDB, FlyGlycoDB)

赤瀬 幸子 / 安形 清彦

last updated 2019/08/01 (2019 Vol.22 (3), A7)  
DOI: 10.32285/glycoforum.22A7J

本シリーズの第3回では、糖鎖関連遺伝子のデータベースについて説明いたします。糖鎖の合成に関わる遺伝子(糖鎖関連遺伝子, glycogene)には、糖ヌクレオチド合成酵素・糖ヌクレオチドトランスポーター・糖転移酵素などの合成のための関連分子や分解のために必要なグリコシダーゼの遺伝子が含まれています。ヒトでは約300遺伝子ほどが糖鎖の合成や分解に関与していますが、生物の進化において数や構成している遺伝子の多様性も異なっています。ここでは、先ず糖鎖関連遺伝子の研究に有用と思われるデータベース(DB)について紹介し、筆者らが公開しているデータベース(GGDBとFlyGlycoDB)の特徴についても紹介します。...and more

Glycotopics

がん生物学から見たコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの機能

灘中 里美 / 北川 裕之

last updated 2019/08/01 (2019 Vol.22 (3), A8)  
DOI: 10.32285/glycoforum.22A8J

コンドロイチン硫酸(CS)鎖は、コアタンパク質のセリン残基に共有結合したプロテオグリカンとして、ほとんどすべての細胞やその周囲の細胞外マトリクスに存在している。CS鎖はN-アセチルガラクトサミン(GalNAc)残基とグルクロン酸残基が交互に結合した構造を持つ。CSの生合成過程で、GalNAc 残基の4位と6位は様々なパターンで硫酸化される。最近の研究で、CSの機能発現に関わる情報が CS鎖中の硫酸化パターンにコードされることが明らかになっている。特別な硫酸化パターンは、成長因子、モルフォゲン、接着分子などの多くの生理活性タンパク質によって認識され、CS鎖とこれらのタンパク質との特異的相互作用が、個体の発生や恒常性維持に関わる重要な現象を担うとともに、病気の発症や進展に関連する。ここでは、シグナル分子として、あるいは成長因子や形態形成因子の補受容体として機能するCSが、がん細胞の性質をどのように制御し、がんの発生や進行に関わるのかについて述べる。...and more

Conference Reports

第12回ヒアルロン酸国際カンファレンス(HA2019)レポート

大橋 俊孝

last updated 2019/08/01 (2019 Vol.22 (3), A9)  
DOI: 10.32285/glycoforum.22A9J

第12回ヒアルロン酸国際カンファレンス(HA 2019)が、2019年6月9日から5日間の会期で、イギリス、ウェールズの首都カーディフ中心部、Cardiff城のほとりにあるHilton Hotelで開催された。今大会は、主催者のCardiff大学のSoma Meran, Aled Phillips, Tim Bowen とRobert Steadman博士が中心となり、前大会主催者のCarol de la Motte(Cleveland Clinic, USA)、前々大会主催者のDavide Vigetti(University of Insubria, Italy)、Anthony Day (Manchester University, UK) そしてMary Cowman (NYU, USA)先生たちが組織委員として参加して、企画・運営された。この国際会議は、International Society for Hyaluronan Sciences(ISHAS)の主催で2~3年間隔で開催されている。今大会は、イギリスのEU離脱(Brexit)が話題となっている中での開催であったが特に混乱はなく、世界各国から170名のヒアルロン酸研究者が一同に会して、最新の研究発表に対して活発な議論が繰り広げられた。 ...and more

2019 Vol.22 (2), A6  
DOI: 10.32285/glycoforum.22A6J
キチン・キトサン研究の変遷と今後の展望
瀬尾 寛
2019 Vol.22 (2), A5  
DOI: 10.32285/glycoforum.22A5J
GlyCosmosポータルとMIRAGE
木下 聖子
2019 Vol.22 (2), A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.22A4J
糖鎖と肝臓の再生
福田 友彦 / 顧 建国
2019 Vol.22 (1), A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.22A3J
C型レクチンLangerinに結合するケラタン硫酸糖鎖の合成展開と抗炎症作用
木塚 康彦 / 谷口 直之
2019 Vol.22 (1), A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.22A2J
糖鎖命名法及び糖鎖関連リソースの概要
木下 聖子
2019 Vol.22 (1), A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.22A1J
肝細胞がん特異的抗原Glypican-3 〜がん免疫療法の標的として〜
清水康博、中面哲也
2018 Vol.21, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.21A3J
AFPの糖鎖変異:AFP-L3のアップデート
里村 慎二
2018 Vol.21, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.21A2J
肝臓と糖鎖
三善 英知
2018 Vol.21, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.21A1J
病原微生物のグリコシルホスファチジルイノシトール
木下 タロウ
2017 Vol.20, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.20A1J
第11回ヒアルロン酸国際カンファレンス(HA 2017)レポート
板野 直樹
2016 Vol.19, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.19A3J
補体関連レクチンの生体防御における役割について
大谷 克城 / 若宮 伸隆
2016 Vol.19, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.19A2J
微生物のエンドグリコシダーゼを用いた糖鎖医薬品の化学 -酵素合成
山本 憲二
2016 Vol.19, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.19A1J
鳥インフルエンザウイルスの糖鎖を介したヒト適応機構とパンデミック対策
渡邊 洋平
2015 Vol.18, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.18A2J
第10回ヒアルロン酸国際カンファレンス(HA 2015)の報告
柿崎 育子
2015 Vol.18, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.18A1J
エイズウイルス(HIV/SIV)病原性における糖鎖の役割
森 一泰
2014 Vol.17, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.17A3J
ヒアルロン酸科学に関する国際学会(ISHAS)の学会大会(HA2013)記録
木全 弘治
2014 Vol.17, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.17A2J
第9回ヒアルロン酸国際カンファレンス(Hyaluronan 2013)レポート
板野 直樹
2014 Vol.17, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.17A1J
バキュロウイルスのコンドロイチナーゼとカイコのコンドロイチン硫酸
杉浦 信夫
2013 Vol.16, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.16A2J
インフルエンザウイルスのレセプターと宿主域変異機構の研究フロンティア
鈴木 康夫
2013 Vol.16, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.16A1J
病原体とシグレックの相互作用
安形 高志
2011 Vol.15, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.15A4J
A型インフルエンザウイルスと糖鎖:ウイルスレクチンの特性
新矢 恭子 / 鈴木 泰博
2011 Vol.15, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.15A3J
ヘルペスウイルス感染における糖鎖結合受容体の機能
末永 忠広 / 荒瀬 尚
2011 Vol.15, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.15A2J
シアル酸で決まるインフルエンザの流行 - インフルエンザウイルスのヒトへの伝播 -
鈴木 康夫
2011 Vol.15, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.15A1J
第8回ヒアルロン酸国際カンファレンス(HA2010)報告
木全 弘治
2010 Vol.14, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.14A4J
アミロイドβ蛋白質とガングリオシド: アルツハイマー病発症機構における役割 -Update-
柳澤 勝彦
2010 Vol.14, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.14A3J
スルファチドによるインフルエンザA型ウイルス増殖の促進
高橋 忠伸 / 鈴木 隆
2010 Vol.14, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.14A2J
ヒアルロン酸を合成する細胞膜突起とヒアルロン酸コートの謎
Kirsi Rilla / Markku Tammi / Raija Tammi
2010 Vol.14, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.14A1J
Xenopus(ツメガエル)モデルを用いた発生過程におけるヒアルロン酸役割評価
Davide Vigetti / Michela Ori / Alberto Passi
2009 Vol.13, A4 (PN: 2009 Vol.24)  
DOI: 10.32285/glycoforum.13A4J
腫瘍の進展過程における増殖因子によるヒアルロン酸代謝の調節
Paraskevi Heldin
2009 Vol.13, A3 (PN: 2009 Vol.23)  
DOI: 10.32285/glycoforum.13A3J
バイオインフォマティクスを用いたインフルエンザウイルスヘマグルチニンの糖鎖付加ポテンシャルの予測
五十嵐 学 / 伊藤 公人 / 高田 礼人
2009 Vol.13, A2 (PN: 2008 Vol.22)  
DOI: 10.32285/glycoforum.13A2J
C型肝炎ウイルスの感染と糖鎖修飾
谷 英樹 / 松浦 善治
2009 Vol.13, A1 (PN: 2009 Vol.23)  
DOI: 10.32285/glycoforum.13A1J
免疫系におけるCD44・ヒアルロン酸結合の制御と機能
Brian Ruffell / Pauline Johnson
2008 Vol.12, A3 (PN: 2008 Vol.22)  
DOI: 10.32285/glycoforum.12A3J
ヒアルロン酸:最近の高分子および低分子の観点から
Andrew Almond / Timothy E. Hardingham
2008 Vol.12, A2 (PN: 2008 Vol.21)  
DOI: 10.32285/glycoforum.12A2J
神経幹細胞、神経前駆細胞ニッチの調整要素としてのヒアルロン酸
Larry S. Sherman / Kerstin Feistel
2008 Vol.12, A1 (PN: 2007 Vol.20)  
DOI: 10.32285/glycoforum.12A1J
ノロウイルスと血液型抗原
白土(堀越)東子
2007 Vol.11, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.11A4J
糖鎖ウイルス学
鈴木 康夫
2007 Vol.11, A3 (PN: 2007 Vol.19)  
DOI: 10.32285/glycoforum.11A3J
腎結石症に対するヒアルロン酸の関与
Carl Verkoelen
2007 Vol.11, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.11A2J
Guillain-Barrè症候群と抗ガングリオシド複合体抗体 -Update-
楠 進
2007 Vol.11, A1 (PN: 2007 Vol.13)  
DOI: 10.32285/glycoforum.11A1J
コンドロイチン硫酸合成に関与する糖転移酵素
後藤 雅式 / 佐藤 隆 / 成松 久
2006 Vol.10, A2 (PN: 2006 Vol.9)  
DOI: 10.32285/glycoforum.10A2J
ガングリオシドGM3と2型糖尿病
井ノ口 仁一
2006 Vol.10, A1 (PN: 2006 Vol.8)  
DOI: 10.32285/glycoforum.10A1J
β1,4-結合モチーフを有する糖転移酵素遺伝子群
佐藤 隆 / 後藤 雅式 / 成松 久
2005 Vol.9, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.09A4J
N型糖鎖プロセッシングとエンドサイトーシスによるサイトカイン受容体のダイナミックな制御
James W. Dennis
2005 Vol.9, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.09A3J
エイズウイルスの糖鎖とワクチン研究
杉本 智恵 / 森 一泰
2005 Vol.9, A2 (PN: 2005 Vol.3)  
DOI: 10.32285/glycoforum.09A2J
O-GlcNAc入門
Kaoru Sakabe / Gerald W. Hart
2005 Vol.9, A1 (PN: 2005 Vol.2)  
DOI: 10.32285/glycoforum.09A1J
ヒアルロン酸オリゴ糖の新規機能
浅利 晃
2004 Vol.8, A11  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A11J
癌のプログレッションに伴うシアリルルイスx/a発現亢進の機構
神奈木 玲児
2004 Vol.8, A10 (PN: 2005 Vol.1)  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A10J
ヒアルロン酸レセプター、CD44 -Update-
Warren Knudson / Cheryl Knudson
2004 Vol.8, A9  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A9J
ヒアルロン酸と癌の進展 ~糖鎖生合成の視点から~
板野 直樹
2004 Vol.8, A8  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A8J
癌転移におけるNK細胞とシアリルルイスX
大山 力
2004 Vol.8, A7  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A7J
インテグリンを介するシグナルとN-結合型糖鎖による機能制御
顧 建国
2004 Vol.8, A6  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A6J
新しい肝癌の血清診断マーカーとしてのグリピカン3
Jorge Filmus
2004 Vol.8, A5  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A5J
E-カドヘリンの糖鎖とがんの転移
北田 学利
2004 Vol.8, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A4J
細菌のヒアルロン酸合成酵素 -Update-
Paul H. Weigel
2004 Vol.8, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A3J
ほ乳類ヒアルロニダーゼ -Update-
Robert Stern
2004 Vol.8, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A2J
LYVE-1、リンパ管内皮ヒアルロン酸レセプター
David G. Jackson
2004 Vol.8, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.08A1J
プロテインチロシンホスファターゼζ(Ptprz/PTPζ/RPTPβ)シグナリングとピロリ菌VacA毒素による胃潰瘍発症
野田 昌晴
2003 Vol.7, A10  
DOI: 10.32285/glycoforum.07A10J
可溶型糖転移酵素のもつ生物機能 ~GnT-Vを中心に~
三善 英知
2003 Vol.7, A9  
DOI: 10.32285/glycoforum.07A9J
シアリダーゼとインスリンシグナリング
宮城 妙子
2003 Vol.7, A8  
DOI: 10.32285/glycoforum.07A8J
前立腺ガンの進行におけるヒアルロン酸
James B. McCarthy / Melanie A. Simpson
2003 Vol.7, A7  
DOI: 10.32285/glycoforum.07A7J
骨髄微小環境におけるヒアルロン酸とヒアルロン酸合成: 多発性骨髄腫患者と健常人との比較
Anna M. Masellis
2003 Vol.7, A6  
DOI: 10.32285/glycoforum.07A6J
糖鎖異常による先天性筋ジストロフィー
遠藤 玉夫
2003 Vol.7, A5  
DOI: 10.32285/glycoforum.07A5J
細胞質ペプチド:N-グリカナーゼ
鈴木 匡
2003 Vol.7, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.07A4J
ノッチシグナル伝達におけるO-フコシル化の役割
Robert Haltiwanger
2003 Vol.7, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.07A3J
硫酸化糖脂質の生物機能
本家 孝一
2003 Vol.7, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.07A2J
2型糖尿病とガングリオシドGM3
井ノ口 仁一
2003 Vol.7, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.07A1J
成長因子ミッドカインのシグナリングにおけるコンドロイチン硫酸Eの役割
村松 喬
2002 Vol.6, A12  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A12J
ヒトの病気と糖鎖修飾:大きく展開を見せるその原因と結果
Hudson H. Freeze
2002 Vol.6, A11  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A11J
ヒアルロン酸と気道粘膜宿主防御
Rosanna M Forteza / Gregory E.Conner / Matthias Salathe
2002 Vol.6, A10  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A10J
GPIアンカーの生合成と発作性夜間血色素尿症
木下 タロウ
2002 Vol.6, A9  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A9J
主要異種糖鎖抗原のリモデリング
宮川 周士 / 白倉 良太 / 谷口 直之
2002 Vol.6, A8  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A8J
Streptococcus種ヒアルロン酸リアーゼの三次元構造とヒアルロン酸分解のメカニズム
Mark J. Jedrzejas
2002 Vol.6, A7  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A7J
小胞体ストレスと小胞体関連分解-小胞体品質管理に関与するマンノシダーゼ様タンパク質-
細川 暢子 / 永田 和宏
2002 Vol.6, A6  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A6J
セレクチンを介した細胞接着とその構造特異性
神奈木 玲児
2002 Vol.6, A5  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A5J
リピド中間体生合成段階に変異を持つヒト遺伝病
高橋 哲夫 / 西川 義尚
2002 Vol.6, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A4J
ジ・オリゴシアル酸構造の生物学的機能
佐藤 ちひろ / 北島 健
2002 Vol.6, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A3J
糖鎖遺伝子ノックアウトマウスからの教訓
古川 鋼一
2002 Vol.6, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A2J
シアル酸とヒトの進化
鈴木 明身
2002 Vol.6, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.06A1J
20世紀におけるヒアルロン酸研究
Torvard C. Laurent
2001 Vol.5, A9  
DOI: 10.32285/glycoforum.05A9J
SHAP、ヒアルロン酸と共有結合したタンパク質
Koji Kimata / Lisheng Zhuo
2001 Vol.5, A8  
DOI: 10.32285/glycoforum.05A8J
ヒアルロン酸:静的、流体力学的および分子動力学的な観点から
John Sheehan / Andrew Almond
2001 Vol.5, A7  
DOI: 10.32285/glycoforum.05A7J
糖鎖遺伝子をこえて
谷口 直之
2001 Vol.5, A6  
DOI: 10.32285/glycoforum.05A6J
細胞内ヒアルロン酸
Stephen Evanko / Thomas N. Wight
2001 Vol.5, A5  
DOI: 10.32285/glycoforum.05A5J
N型糖鎖の転移異常
大倉 隆司 / 山下 克子
2001 Vol.5, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.05A4J
化学的に修飾したヒアルロン酸から調製したバイオマテリアル
Glenn D. Prestwich
2001 Vol.5, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.05A3J
ChlorellaウィルスとPasteurellaバクテリアからの新しいヒアルロン酸合成酵素
Paul L. DeAngelis
2001 Vol.5, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.05A2J
ヒアルロン酸と網膜光受容体間マトリックスの構築
Joe G. Hollyfield
2001 Vol.5, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.05A1J
ヒアルロン酸-タンパク質相互作用の理解
Anthony J. Day
2000 Vol.4, A9  
DOI: 10.32285/glycoforum.04A9J
リソソーム病
桜庭 均
2000 Vol.4, A8  
DOI: 10.32285/glycoforum.04A8J
炎症とリンパ球ホーミングにおける糖鎖の意義
神奈木 玲児
2000 Vol.4, A7  
DOI: 10.32285/glycoforum.04A7J
インフルエンザウイルスとそのグリコレセプター: ヒトおよび動物インフルエンザウイルスの宿主域変異
鈴木 康夫
2000 Vol.4, A6  
DOI: 10.32285/glycoforum.04A6J
ほ乳類ヒアルロニダーゼ
Robert Stern / Antonei B. Csóka
2000 Vol.4, A5  
DOI: 10.32285/glycoforum.04A5J
リウマチと免疫グロブリンの糖鎖異常
遠藤 玉夫
2000 Vol.4, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.04A4J
微生物のヒアルロナンリアーゼ群
鈴木 旺
2000 Vol.4, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.04A3J
ゲノム研究からグライコーム研究の時代へ― 谷口直之教授へのインタビュー
谷口 直之
2000 Vol.4, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.04A2J
免疫性末梢神経障害と抗糖鎖抗体
楠 進
2000 Vol.4, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.04A1J
ヒアルロン酸の医療応用
浅利 晃 / 宮内 聡
1999 Vol.3, A6  
DOI: 10.32285/glycoforum.03A6J
消化器疾患の病態に果たす糖鎖の役割
大澤 博之
1999 Vol.3, A5  
DOI: 10.32285/glycoforum.03A5J
ヒアルロン酸と結腸平滑筋細胞
Scott Strong / Carol de la Motte
1999 Vol.3, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.03A4J
アミロイドβ蛋白凝集とGM1: アルツハイマー病の病態との関連
柳澤 勝彦
1999 Vol.3, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.03A3J
RHAMM、hyaladherinsのメンバー
Eva Turley / Rene Harrison
1999 Vol.3, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.03A2J
ヒアルロン酸レセプター、CD44
Warren Knudson /Cheryl B. Knudson
1999 Vol.3, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.03A1J
アテローム性動脈硬化症と再狭窄におけるヒアルロン酸
Thomas N. Wight
1998 Vol.2, A9  
DOI: 10.32285/glycoforum.02A9J
形態形成と組織修復におけるヒアルロン酸
Bryan P. Toole
1998 Vol.2, A8  
DOI: 10.32285/glycoforum.02A8J
癌化とムチン
中田 博
1998 Vol.2, A7  
DOI: 10.32285/glycoforum.02A7J
真核生物のヒアルロン酸合成酵素
Andrew P. Spicer / John A. McDonald
1998 Vol.2, A6  
DOI: 10.32285/glycoforum.02A6J
細菌のヒアルロン酸合成酵素
Paul H. Weigel
1998 Vol.2, A5  
DOI: 10.32285/glycoforum.02A5J
軟骨:アグリカン-リンクプロテイン- ヒアルロン酸の会合
Timothy E. Hardingham
1998 Vol.2, A4  
DOI: 10.32285/glycoforum.02A4J
表皮におけるヒアルロン酸
Raija Tammi / Markku Tammi
1998 Vol.2, A3  
DOI: 10.32285/glycoforum.02A3J
ヘパリン・ヘパラン硫酸糖鎖のメッセージの解読― ウルフ リンダール教授へのインタビュー
ウルフ リンダール
1998 Vol.2, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.02A2J
排卵と受精におけるヒアルロン酸の役割
Antonietta Salustri / Csaba Fulop
1998 Vol.2, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.02A1J
水溶液中におけるヒアルロン酸の2次および3次構造・その生物学的影響
John E. Scott
1997 Vol.1, A2  
DOI: 10.32285/glycoforum.01A2J
序論:ヒアルロン酸、その構造と物性
Vincent C. Hascall / Torvard C. Laurent
1997 Vol.1, A1  
DOI: 10.32285/glycoforum.01A1J
新しいシアル酸転移酵素のクローニング― 齋藤政樹教授へのインタビュー
齋藤 政樹

PN: Previous Number

top