• Home 
  • Series 
  • Galectins - Experimental Protocols and Unsolved Questions (Narratives) 

Galectins Experimental Protocols and Unsolved Questions (Narratives)

Editor/ 平林 淳、佐藤 祥子

NEW !

ミルクオリゴ糖とガレクチン: “番外編” グライコサイエンスの観点から

ラクトース合成酵素β4Gal-T1が獲得した分子スイッチと基質認識のよろめき

浦島 匡 / 佐藤 祥子 / 小林(仁尾)純子 / 平林 淳

last updated 2021/06/01 (Glycoforum. 2021 Vol.24 (2), A6J)  
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.24A6J

本稿はグライコフォーラムVol. 24 (2)に 掲載の「ミルクオリゴ糖とガレクチン」(浦島、平林;以下、本編という)のspin-off、いわば「番外編」である。本編では賄いきれなかったテーマの延長上にある、さらなる議論や未解決課題について、ざっくばらんに、かつ自由、闊達な立場で著者らの仮説(妄想)を展開しようと思う。フォーラムという建付けをご理解の上、お付き合いいただきたい。 ...and more

ミルクオリゴ糖とガレクチン

浦島 匡 / 平林 淳

last updated 2021/02/01 (Glycoforum. 2021 Vol.24 (2), A3)  
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.24A3J

ガレクチン:(ラクトース結合)レクチンを超えた多彩な機能

Hans-Joachim Gabius

last updated 2021/02/01 (Glycoforum. 2021 Vol.24 (1), A1)  
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.24A1J

ガレクチンの鍵穴は大まかで、鍵はすぐに抜ける

笠井 献一

last updated 2020/12/01 (Glycoforum. 2020 Vol.23 (6), A17)  
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.23A17J
組換えガレクチンタンパク質の発現と精製に関するノート(Glycoforum. 2020 Vol.23 (5), A15)
西 望
新シリーズ「ガレクチン」~実験プロトコールおよび未解決問題(講話)を始めるにあたって(Glycoforum. 2020 Vol.23 (5), A14)
平林 淳 / 佐藤 祥子
top