Beyond Glycogenes

コンドロイチン硫酸合成に関与する糖転移酵素(2007 Vol.11, A1)
後藤 雅式 / 佐藤 隆 / 成松 久
ガングリオシドGM3と2型糖尿病(2006 Vol.10, A2)
井ノ口仁一
β1,4-結合モチーフを有する糖転移酵素遺伝子群(2006 Vol.10, A1)
佐藤 隆 / 後藤雅式 / 成松 久
O-GlcNAc入門(2005 Vol.9, A2)
Kaoru Sakabe / Gerald W. Hart
インテグリンを介するシグナルとN-結合型糖鎖による機能制御(2004 Vol.8, A7)
顧 建国
糖鎖異常による先天性筋ジストロフィー(2003 Vol.7, A6)
遠藤 玉夫
細胞質ペプチド:N-グリカナーゼ(2003 Vol.7, A5)
鈴木 匡
ノッチシグナル伝達におけるO-フコシル化の役割(2003 Vol.7, A4)
Robert Haltiwanger
硫酸化糖脂質の生物機能(2003 Vol.7, A3)
本家 孝一
成長因子ミッドカインのシグナリングにおけるコンドロイチン硫酸Eの役割(2003 Vol.7, A1)
村松 喬
ヒトの病気と糖鎖修飾:大きく展開を見せるその原因と結果(2002 Vol.6, A12)
Hudson H. Freeze
主要異種糖鎖抗原のリモデリング(2002 Vol.6, A9)
宮川 周士 / 白倉 良太 / 谷口 直之
小胞体ストレスと小胞体関連分解 -小胞体品質管理に関与するマンノシダーゼ様タンパク質-(2002 Vol.6, A7)
細川 暢子 / 永田 和宏
セレクチンを介した細胞接着とその構造特異性(2002 Vol.6, A6)
神奈木玲児
ジ・オリゴシアル酸構造の生物学的機能(2002 Vol.6, A4)
北島 健 / 佐藤ちひろ
糖鎖遺伝子ノックアウトマウスからの教訓(2002 Vol.6, A3)
古川 鋼一
シアル酸とヒトの進化(2002 Vol.6, A2)
鈴木 明身
糖鎖遺伝子をこえて(2001 Vol.5, A7)
谷口 直之
はじめに
谷口 直之
top