Regenerative medicine and glycans

Editor/ 三善 英知
NEW !

糖鎖を活用した幹細胞品質管理技術の開発

舘野 浩章

last updated 2020/12/01 (Glycoforum. 2020 Vol.23 (6), A16)  
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.23A16J

ヒトES/iPS細胞の最外層を覆う細胞の顔・糖鎖を網羅解析することで、ヒトES/iPS細胞の顔の特徴を明らかにするとともに、ヒトES/iPS細胞に反応するrBC2LCNと呼ばれるレクチンを発見した。そしてrBC2LCNを用いて細胞治療用製品に残存するヒトES/iPS細胞を検出、除去する技術を開発した。さらに最近ではヒトiPS細胞の未分化状態から逸脱した細胞である「逸脱細胞」を検出する技術を開発した。ここでは、筆者らがこれまで開発してきた糖鎖を基盤としたヒトES/iPS細胞品質管理技術についてご紹介したい。 ...and more

iPS細胞の誕生から医療応用まで(Glycoforum. 2020 Vol.23 (5), A13)
中川 誠人 / 山中 伸弥
糖鎖とオートファジーによる軸索再生の制御(Glycoforum. 2020 Vol.23 (4), A12)
門松 健治
iPS細胞を用いたパーキンソン病の細胞移植治療(Glycoforum. 2020 Vol.23 (3), A10)
森実 飛鳥 / 高橋 淳
再生医療と糖鎖(Glycoforum. 2020 Vol.23 (3), A9)
三善 英知
top