Cellulose


NEW !

セルロース誘導体を用いるバイオマス粉末の押出成形

野中 寛

last updated 2023/12/01 (Glycoforum. 2023 Vol.26 (6), A22)  
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.26A22J

地球温暖化のみならず、海洋プラスチックごみ問題等が深刻視され、プラスチック製品を環境に優しい材料に代替する動きが加速している。木や草などバイオマス資源は、昔から地球上に存在し、自然の浄化能力内で代謝されうる「究極の環境調和性材料」といえるが、それ自身に熱可塑性がなく、プラスチックのような成形加工を行うことができない。本稿では、バイオマスを粉末化し、セルロース誘導体を混合するアプローチにより、石油系樹脂不使用でバイオマスに成形性を付与し、押出成形により三次元成形を実現する取組について紹介する。 ...and more

セロオリゴ糖の自己集合化によるセルロース素材の高機能化

秦 裕樹 / 芹澤 武

last updated 2023/10/02 (Glycoforum. 2023 Vol.26 (5), A20)  
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.26A20J

セルロースは安価な汎用素材であり、紙や布などとして古くから幅広く利用されてきた。近年では、持続可能な開発目標(SDGs)への機運の高まりもあり、代表的なバイオマス由来高分子であるセルロースを高機能材料にも適用範囲を広げる研究が進められている。本稿では、セロオリゴ糖(すなわち短鎖セルロース)の自己集合化によりセルロース素材を高機能化する我々の研究を中心に概説する。セロオリゴ糖は、天然セルロースの分解ならびに酵素触媒重合を利用した化学合成により調製することができる。前者はスケーラブルな方法であり、得られるセロオリゴ糖を自己集合化させることでナノ構造をセルロース素材に修飾することができる。後者では、機能基をもつセロオリゴ糖を合成できるため、それをセルロース素材に複合化することでナノ構造のみならず機能基を導入できる。 ...and more

セルロース微結晶の磁場配向

和田 昌久

last updated 2023/8/01 (Glycoforum. 2023 Vol.26 (4), A14)  
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.26A14J

天然セルロース(セルロースI)を酸で処理して調製したセルロース微結晶は、幅ナノメートルサイズのウィスカーであり、高強度、高弾性率、低熱膨張率などの特性を有することが知られている。また、反磁性体であるセルロースに磁気異方性があることは古くから知られており、強磁場を利用したセルロースI型微結晶の磁場応答に関するさまざまな研究が行われてきた。一方で、レーヨンなどの再生セルロース繊維の結晶形であるセルロースⅡの磁場応答に関する研究は行われてこなかった。そこで、本稿では、セルロースI型微結晶の磁場配向挙動について概説するともに、セルロースII型微結晶の酵素合成とその三次元磁場配向化に関する最近の我々の取り組みを紹介する。 ...and more

セルロース合成酵素 −常温常圧水系溶媒下で高分子を構造制御する分子−

今井 友也

last updated 2021/04/01 (Glycoforum. 2021 Vol.24 (2), A4)  
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.24A4J
top