公開セミナー「エンド型グリコシダーゼから糖鎖科学を展望する」

日 時 平成27年4月21日(火)14:00〜18:00
会 場 弘前大学創立50周年記念会館 岩木ホール
(〒036-8560 青森県弘前市文京町1番地)
参加費 無料 (事前申込み不要)

 エンド型グリコシダーゼは、糖タンパク、糖脂質、及びプロテオグリカンの糖鎖の内部を加水分解し、オリゴ糖を遊離する酵素群で、1980年台から1990年台にかけて、我が国を中心として続々と発見されました。平成9年(1997年)、弘前大学医学部遠藤正彦教授を班長に、我が国のエンド型グリコシダーゼの発見者からなる文部省科学研究費補助金の班会議が組織され、以来4年間研究は輝かしく発展して世界をリードし、毎年弘前で公開シンポジウムが開催され、平成12年(2000年)遠藤教授をチェアマンに京都で国際会議が開催され、そして、平成18年(2006年)Kodansha-Springer 社よりエンド型グリコシダーゼに関する英文著書が刊行されました。

 以来約10年、エンド型グリコシダーゼは、関連酵素の開発、糖鎖構造研究への応用、糖鎖の酵素的合成へと目覚しく発展し、最近ではエンド型グリコシダーゼの生物学的機能の解明へと、新しい展開を見せております。そこで、エンド型グリコシダーゼ研究のその後の発展と今後の展望を、公開セミナーで討論することになりました。 関心をお持ちの方は、どうぞご参加され、ディスカッションに加わってください。
 

お問合せ先
「エンド型グリコシダーゼ」会議
世話人代表 吉田圭一
日本糖鎖科学コンソーシアム事務局
独立行政法人理化学研究所
電話:048-467-9613
メール:yoshida.jcgg@riken.jp

プログラム

14:00 〜 14:03
開会の挨拶
遠藤 正彦
14:03 〜 15:18
座長 伊東 信
糖タンパク質に結合するアスパラギン結合型糖鎖遊離酵素の構造と機能
伊藤 和央(大阪市大・理学研究科・生物)
糖タンパク質を分解するための微生物の戦略
竹川 薫(九大・農学研究院・生命機能)
Endo-β-mannosidase研究の展開と
糖鎖構造解析支援プログラムの作成
長谷 純宏1、石水 毅2、長束 俊治3
1大阪大学名誉教授、 2立命館大・生命、3新潟大・理・生物)
15:18 〜 15:35       休 憩
15:35 〜 16:50
座長 稲津 敏行
細胞質の脱N型糖鎖酵素:基礎科学の醍醐味
 鈴木 匡(理研・糖鎖代謝学)
深在性真菌症創薬の新たな標的:
エンドグリコセラミダーゼ関連タンパク質EGCrP
伊東 信(九大・農学研究院・生命機能)
微生物のエンドグリコシダーゼを用いた
機能性糖鎖化合物の合成と糖鎖の改変
山本 憲二(石川県立大・生物資源工学)
16:50 〜 17:10       休 憩
17:10 〜 18:00
座長 竹川 薫
Endo-Mを用いる糖鎖付与技術の工学的展開
稲津 敏行(東海大・工学部・応用化学)
エンド型グリコシダーゼを用いたプロテオグリカンの糖鎖工学の新展開
遠藤 正彦(弘前大・医学研究科・糖鎖医化学)
18:00
閉会
(講演 20分、討論 5分)
 
 (発言者のテーマ・内容は、変更することがあります。)
印刷用PDFはこちら